ホーム > 中部NGOおうえん募金 > (特活)チェルノブイリ救援・中部

(特活)チェルノブイリ救援・中部

23年間、チェルノブイリ原発による放射能被害を受けた被災者の支援に携わり、現在も継続中。一方、日本で起きてしまった東電福島第一原発事故。チェルノブイリ原発事故被災者支援を行ってきた経験と知恵を生かし、福島原発事故被災地の人々と共に、被曝軽減のため活動をしていきたいと思います。

菜種の生育状況の確認
菜種の生育状況の確認
ナロジチ地区の土壌サンプル採取
ナロジチ地区の土壌サンプル採取
南相馬市での放射能測定隊
南相馬市での放射能測定隊

1,000円

 

10,000円

1990年4月に、チェルノブイリ原発事故被災地の支援を行う任意団体として発足。その年の夏に、日本の民間団体として、初めて救援物資を携え、旧ソ連邦ウクライナ共和国を訪れました。2000年にはNPO法人に認可され、医療支援、子ども達へ汚染されていないミルクの支援、被災者の子弟への奨学金供与、汚染地「ナロジチ」の再生・復興支援などを行ってきました。2011年4月からは、東電福島第一原発事故の被災地への支援活動を開始。南相馬市で、緻密な空間線量測定を行い、線量率マップを作成し、地域住民へ配布。また「放射能測定センター・南相馬(愛称:とどけ鳥)」で、飲料水・食品・土壌などの測定を行い、被曝を軽減し、安心・安全な暮らしに役立つ提案をする活動を地元の方々と共に続けています。是非、皆さまのご支援を!

対象国(地域)
ウクライナ国・ジトーミル州/日本・福島県南相馬市
対象者
チェルノブイリ原子力発電所事故の被災者/東京電力福島第一原子力発電所事故の被災者
活動分野
ウクライナにおいては医療・ミルク支援・被災地復興支援・カードキャンペーン。日本においては被曝軽減・被災地復興支援
報告書類
2012年度 事業報告書 2012年度 決算報告書

2011年度 事業報告書 2011年度 決算報告書
連絡先
特定非営利活動法人チェルノブイリ救援・中部
TEL:052-228-6813
E-MAIL:chqchubu@muc.biglobe.ne.jp URL:http://www.cherunobyl-chubu-jp.org
このページのトップへ