ホーム > わたしたちの活動 > 人材・活動育成

人材・活動育成

地域に眠る潜在的な力に働きかけ、NGO活動を生み出し、育んでいます。

NGOスタッフになりたい人のためのコミュニティ・カレッジ(Nたま)

Nたまは、将来、NGOスタッフとして活躍する意志のある方対象とし、約半年間かけて中部地域のNGOや専門家による研修を行っています。 研修は主に有給専従スタッフを目指す人やボランティアスタッフを目指す人が参加しています。

内容は、基本的に、

  • 世界の構造を知る理論講座「NGOとは何か」
  • 課題を見つけ行動する力を育てる「マネジメント講座」ワークショップ
  • フィールドワーク
  • 課題別選択講座
  • 3ヶ月のインターンシップ(オプション)

の4プラス1で構成されています。

2002年に開始し、2015年度修了までの13回(2004年は、お休みしました)で、研修を受けた方は、191名。このうち、108名のOB・OGが世界中でNGO・NPOの担い手として活躍しています!

※本研修(Nたま)のWEBサイトができました。「こちら」からご覧下さい。

1.jpg

1日でNGOと国際協力を学べる!「国際協力カレッジ」

国際的な課題に関心を持つ人びとが、国際協力の現場に触れ、考え、動き始める「学び」と「きっかけ」を提供する場づくりを目的とし、名古屋NGOセンターとJICA中部との協働により、2006年度からスタートしました。
プログラムは午前の部を学びの時間とし、シンポジウムとテーマ別講座を開催。午後の部は、『中部地域最大!国際協力団体20団体が出展!!「国際協力分野のボランティア・インターン マッチング展」』を開催しています。

▼2013年度のカレッジ開催概要はこちら

インターンシップの受け入れ

将来的に国際協力やNGOで活躍したいという方を対象に、インターンシップの受け入れを行っています。毎年4月頃公募を行います。受け入れには条件がありますので、ご興味をお持ちの方は事務局までお問合せください。

インターンシップ体験記:斎藤菜穂さん

私は名古屋 NGO センターでインターンできたことをとても嬉しく思います。
なぜなら中間支援組織という立場から、様々な団体の関係者とお会いすることができたからです。また『 NGO 入門講座』では、 NGO スタッフのみなさんに、さまざまな疑問・質問をぶつける進行役に挑み、準備の過程も含めて責任感を持って仕事することができました。これからもここで得た出会いと学んだことを大切にして、自分の進路を真剣に考えていきたいと思います。
楽しくて温かい地域の NGO のみなさんとお仕事できたことに心から感謝しています。

capa2.jpg

先輩NGOスタッフに、お仕事についてインタビューする菜穂さん
2007年7月22日「NGO入門講座」にて

斉藤菜穂さんプロフィール

アメリカの大学に通っていた斉藤さん。夏休みの帰国にあわせて、日本のNGOでのインターンを決意。2007年5月17日から7月30日まで地元の名古屋NGOセンターでインターンシップを経験。インターンをしてみて、一番よかったことは?「ちょっぴり風変わりな!?NGO関係者との『出会い』」。 現在、香川県のNGO「セカンドハンド」職員として活躍中。

NGOインターンプログラム

外務省主催NGOインターン白井悠さんのご紹介


名古屋NGOセンターでインターンとして活躍している白井悠(しらいはるか)さん。

白井さんは、「外務省主催NGOインターン・プログラム」の参加者です。


このたび、「外務省主催NGOインターン・プログラム」の参加者全員が、公益社団法人青年海外協力協会のホームページに掲載されました。


そのホームページに、白井さんも紹介されていますので、以下のサイトよりぜひご覧下さい。


http://www.joca.or.jp/activites/ngo-intern/2013_intern_activity/2013nangoc.html


※外務省主催NGOインターン・プログラムとは・・・


国際協力に対する関心の高まりを背景に、市民による国際協力の担い手であるNGOへの就職を希望する若い人材が増えています。本プログラムでは、NGOへの就職を希望する若手人材のための門戸を広げると同時に、若手人材の育成を通じてNGOによる国際協力を拡充するため、インターン育成をNGOに委託し、育成にかかる一定の経費を支給するものです。本プログラムは平成22年度に開始され、本年度は4年目となります。

地域NGOの「広報力」を高める研修

「中小規模の地域NGOに合った基礎的能力を高める研修を」という地域NGOの声を受け、2009年度より実施しています(JICA中部と共催)。 広報分野で活躍するプロを講師に招き、各団体がパンフレットやチラシなどを研修期間中に作成する「成果物付き」研修です。

  • 2009年度:プロのアドバイスを受けてパンフレットを作る研修(参加NGO11団体)
  • 2010年度:地下鉄広告で地域NGOをPRする研修(参加NGO12団体)
  • 2011年度:「ボランティア不足に悩むNGOのみなさんへ」~プロと一緒に、カラーパンフレット(ボランティア募集用)を作り、ボランティアを集める研修~(参加NGO11団体)
  • 2012年度:「NGO入門用」のカラー冊子を協働でつくる研修(参加NGO10団体)
     (詳細はこちらから

東海地域NGO活動助成金

宗教法人真如苑と名古屋NGOセンターとの協働事業として2009年度より実施しています。上限20万円、合計100万円を事業実施や組織強化を目的とした活動に助成しています。過去3年度に助成した活動は以下の通りです。

●2013年度助成事業

  • 認定NPO法人 アジア日本相互交流センター・ICAN(ミンダナオ島北部先住民の教育環境向上プロジェクト)
  • (特活)エム・トゥ・エム(外国人住民の健康チェック医療相談会・交流事業と月1生活相談会)
  • (特活)泉京・垂井(外国にルーツをもつ子どもたちの教育環境に関する実態調査と学習会開催)
  • 静岡学生NGOあおい(Let's ちょっと CHAT! 2013)
  • フェアトレード・コミュニティしずおか(しずおか・フェアトレードひろげるぞプロジェクト)
  • (特活) 平和のための戦争メモリアルセンター設立準備会(「語り継ぐ私の戦争体験」第2集刊行事業)
  • 一般財団法人 日本国際飢餓対策機構(JIFH)(フィリピンHope児童合唱団 希望のコンサート)
  • (特活)多文化共生リソースセンター東海(外国人住民のための「なんでも相談」相談員の育成講座


2013年度報告書はこちらから (PDF:5.12MB)

●2014年度助成事業

  • セイブ・イラクチルドレン名古屋(イラク人医師の愛知県内における医療研修)
  • 認定NPO法人 平和のための戦争メモリアルセンター設立準備会(「戦場に散った若者たち展」開催)
  • (特活)DIFAR(ボリビア多民族国・バジェグランデ市におけるペットボトルを再利用したエコロジートイレ、シャワー室建設を通してのリサイクル啓発活動)
  • 公益財団法人 アジア保健研修所(AHI)(「体感アジア!」小学校で行う国際理解講座)
  • 認定NPO法人 アジア日本相互交流センター・ICAN(マニラの「路上の子どもの家」をつくるプロジェクト)
  • (特活)多文化共生リソースセンター東海(障がいを抱える外国にルーツをもつ子どもサポータースキルアップ研修)

●2015年度助成事業

  • セイブ・イラクチルドレン(イラク人医師の愛知県内における医療研修)
  • 特定非営利活動法人ビルメロの会(現地人招聘事業)
  • 特定非営利活動法人ささしま共生会(生活困窮者の緊急宿泊事業)
  • 外国人ヘルプライン東海(外国人の困り事を解決するための同行支援活動)
  • ココアゴラ(NGOボランティア活動推進事業)

わたしたちの活動

  • 個人会員募集
  • 書き損じハガキ・年賀状など
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • 名古屋NGOセンターNEWSメールマガジン
  • 名古屋NGOセンター事務局通信
  • 「本棚お助け隊」バナー
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ